豊洲市場ドットコム

2020年02月01日

ホームスパン

TBS『王様のブランチ』で、伊吹有喜の新刊「雲を紡ぐ」の特集がありました。


 

 こちら >> 雲を紡ぐ


この小説のあらすじは、以下の通り

いじめが原因で学校に行けなくなった高校生・美緒の唯一の心のよりどころは、祖父母がくれた赤いホームスパンのショールだった。
ところが、このショールをめぐって、母と口論になり、少女は岩手県盛岡市の祖父の元へ家出をしてしまう。
美緒は、ホームスパンの職人である祖父とともに働くことで、職人たちの思いの尊さを知る。
一方、美緒が不在となった東京では、父と母の間にも離婚話が持ち上がり……。(出版社情報より)


私は、この小説ではじめて、盛岡の伝統工芸「ホームスパン」のことを知りました。


  


羊毛を手仕事で染め、紡ぎ、織り上げるこの織物は
 時を越える布
と呼ばれているのだそうです。

丈夫で、品質が高いことから、ホームスパンで織り上げられた着物は、“親 ⇒ 子 ⇒ 孫” と三世代にわたって着ることができるからです。


この小説には、主人公の心のよりどころとして、“赤いホームスパンのショール” が登場します。

そして、しっかりと作られるホームスパンの布(制作過程)と関連づけ、家族の “再生” の様子を描いていきます。


 


ずっと着られ、時を重ねるごとに “大切な存在” となるという

“時を越える布” ホームスパンのことが、気になる一冊です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【電子書籍】
雲を紡ぐ [ 伊吹有喜 ]

価格:1800円 (2020/2/1時点)



posted by Whim star at 14:34| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする