楽天市場

2020年02月02日

家庭用 小型精米機

エムケー精工の家庭用 “小型精米機” 「ライスロン SM-200」


 

 こちら >> エムケー精工 小型精米機「RICELON」 SM-200W(ホワイト)
     >> エムケー精工 小型精米機「RICELON」 SM-200R(レッド)


『王様のブランチ』の「買い物の達人」コーナーで、大泉洋が購入しました。


大泉洋の友人には農家の方も多く、「味が全然違うから」ということで、玄米のまま送ってくることが多いのだそうです。

それで、「(家庭用の)精米機が欲しかった」とのこと。


さらに、ヨドバシカメラの店員さんの話では「白米も、精米機にかけ、酸化した表面を取り除くことで、美味しさを取り戻す」のだそうです。

つまり、精米機を持っていることで、“いつでも” 新米のような美味しさのご飯(白米)を味わうことができるということです。


値段もそれほど高くなく、場所もとらないようなので、なかなか良いのではないでしょうか。


posted by Whim star at 02:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月23日

浅草地下商店街

昨日の『王様のブランチ』のリポート対決コーナー「リポバト!」は、“駅地下対決” でした。

対決した “駅地下” は、「横浜駅おしゃれ地下街(横浜ポルタ)」と「浅草駅ディープ商店街(浅草地下商店街)」です。


それは、とてもショッキングな内容(地下街)でした。


というのも、私は浅草へは何度も行ったことがあるのですが、『浅草地下商店街』という空間に一度も入ったことがなかったからです。

確かに、銀座線の改札を出たすぐのところに “地下街へと続く道” のようなものがあったように思えます。


 浅草地下商店街入口.jpg
 (画像:「BQ 〜B-spot Explorer〜」より)


しかし、「本来の目的はこのようなところ(地下街)にはない」とばかりに、いつもスルーして真っ先に地上に向かっていたのです。

もう何十年もの間、ずっとです。


まさか、このような素敵な空間が広がっていようとは。

“現存する日本最古の地下街” ということで、“昭和の時代そのもの” がそこにあるという感じです。


 ※ こちらのレポート(ブログ)が、写真も豊富でお薦めです。

  >> 激渋!日本最古の地下街は浅草にあった。 : BQ 〜B-spot Explorer〜


私がよく行くところで言うと、『中野ブロードウェイ』の飲食店街が、近い雰囲気なのかもしれません。

何故、今まで気が付かなかった(行かなかった)のでしょう。


「後悔先に立たず」とは、正にこのことです。


ラベル:浅草 地下街 昭和
posted by Whim star at 08:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

回転寿司 海鮮三崎港

高田馬場にある回転寿司「海鮮三崎港」の店頭に、このような貼り紙がしてありました。

大トロ.JPG

「大トロ一貫 110円」です。

安いような、安くないような、微妙な値段です。

二貫で220円なので、回転寿司としては、1ランク上のお皿になります。

しかし、大トロです。

やはり、安いのでしょう。


しかし、「3日間限定」というのが、また短いです。


しかも、《予告》 となっていますが、本日スタートでした。
(家に帰ってから気付きました・・・。)




セブン─イレブンのお届けサービス セブンミール

posted by Whim star at 21:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする